写真はいつ生まれるのか。

僕は一つの考えを持っている。

 

『次のようなものは存在しない。

a.他の諸概念に対して、あらかじめ出来上がっていて、全く別物であるような観念。

b.このような観念に対応する記号(シーニュ)。

そうではなくて、言語記号が登場する以前の思考には、何一つとして明瞭に識別されるものではない。これが重要な点である。』

 

これは近代言語学者フェルディナン・ド・ソシュールの『一般言語学講義』からの抜粋だ。

言語はアプリオリな純粋概念に被覆しているようなものではないということを特に強く述べた文節。

さらに言語記号の話をしたい。例えば『雨上がりの空に浮かぶ七色の弓状のもの』を、日本では虹と言う。この場合『雨上がりに空に浮かぶ七色の弓状のもの』が記号内容、『虹、にじ』という文字や音が記号表現。

私たちは(にじ)という音や(虹、にじ)という字を見ると『雨上がりに空に浮かぶ七色の弓状のもの』という同じイメージを共有する。このような内容と表現が対になった共有概念こそが言語記号だ、とソシュールは言う。

 

さて写真はどうだろう。右を写真に当てはめると『像』が記号内容、『解釈』が記号表現と言える。ここで大事なことは、その像に内包されているのは、あくまで記号内容のみということ。解釈(記号表現)は像を見た後に生まれるのだ。

先も述べたように言語記号は、記号内容と記号表現が対になって初めて言語記号になり得る。

転じてそれを写真に置きかえた場合。何者かがある像を見て何らかの解釈をした段階、つまり記号内容と記号表現が対になったときに、像は初めて写真になる。

 

ここで最初の問いに戻る。

写真はいつ生まれるのか。

シャッターを切る時、露光する時、印刷する時、それとも像を想像した時なのか。

いや、写真は『誰かがその像を見たとき』に生まれるのだ。

 

私が書いた散文「考える花」。もし花が思考しているのならば、その思考はどこにあり、何によってなされているのだろうかという問いだ。その文章記号の可視化の試みがこの一連の像である。

これらの像は一見矛盾したり、不安定であったり、近すぎたり遠すぎたりと、なにやら「不条理」がまとわりつく。何かが少しだけ狂っている。

 

一つの像を一億の人が見たとき、一億個の解釈が生まれるとする。つまり一つの像から一億の写真が生まれたということだ。この場合、その像が保有する記号内容は、極限まで曖昧模糊としていると言えるだろう。

しかし、一つの像を見て一つの解釈に収束していくときもある。広告写真にその傾向が大きい。

とにかく「考える花」では、わかりやすい記号を使用しない。そうやってつくられた一連の像は意図的に不条理だ。

なぜ僕はこれらの<そんな>像を撮るのか。

 

想像して欲しい。<そんな>像を見た者は戸惑い考えてしまう。朦朧とした記号を前に、その彼、彼女は無意識に撮影者の意図を探り始めるのだ。

しかし他人の意図を推し量るとき、その人は自らの内にある情報を手掛かりに進んでいく以外方法がない。<そんな>像を見た者は撮影者の思考を覗き見ているつもりのようで、実は自らの脳みそをかき分け見つめているのだ。

 

マグリットは言った。人は不可解なものを前にしたときに、自分の中の静寂を聞くことになるのだと。つまるところ僕は他人の静寂を撮っているということだ。

僕はカメラ機械の性格をつかい、この世に実在しているものを切り取ったはずなのに、写し出された像はこの世のものではない一つの静寂という無形だ。この理不尽で不可解な現象を、なんとも面白いと思うのは僕だけなのだろうか。

 

CONTACT

​©︎ Yoshitaka Furukawa

YOSHITAKA FURUKAWA PHOTOGRAPHER